通所サービス利用自粛による家族の介護負担について

要介護4の母と主介護者が専業主婦の嫁との同居事例。

週3回のデイサービスや週1回の訪問看護やリハビリ、週に2回の訪問介護を受けながら生活していた。

新型コロナウィルスへの対応として、デイサービスが利用休止となったため、週1回ずつ、訪問リハビリ、訪問介護を増加し対応することを決定し実行した。

また、デイサービス職員がご自宅で入浴介助や体操を実行し、”他の訪問サービスを受けるときと本人の顔つきが違う”と主介護者は喜んでおられたので一安心していた。

しかしこの生活を始めて”10日後に、主介護者が体調不良を起こした”

短時間の通所が週に1~2回開始したが、以前のような利用状況ではない状態が4週間続いた。

始めに体調不良を起こしてから、更に”27日後に、主介護者が体調不良を起こした”

入浴やリハビリなどの具体的ケアについては、代替サービスによりフォローしていた。

分かっていたつもりだったが、コロナウィルス自粛というような事態がなければ試すことはしかし、訪問による具体的ケアでは代替できない重要な役割が通所サービスにあることを改めて認識した。